palitrtx2070super画像引用元:http://www.palit.com/(Palit公式)

当ページでは、Palit製グラフィックボードの評判を解説している。Palit(正式名称:Palit Microsystems)は、世界的に有名な台湾発のグラフィックボードメーカーだ。国内での人気も高くなってきていて注目度が高い。

特に他のグラフィックボードベンダーと比べて安価なのが特徴だ。日本での販売はサードウェーブ(ドスパラ)が独占して行っている。ドスパラ製のゲーミングPCにはこのPalit製のグラボが標準で搭載されているものもある。

Palit Microsystemsってどんな企業!?

company
Palit Microsystems(Palit)は、台湾に本拠地を置く企業だ。1988年に創業され、30年以上の歴史がある老舗のメーカーだ。MSI・ASUS・GIGABYTEなどと肩を並べる大手グラフィックボードベンダーだ。世界的に販売台数が多く一流のベンダーの一つとなった。2021年12月時点でのメーカー別のシェアは、玄人志向(シーエフーデー)・MSI・ASUS・Palitと4番目(BCN, 2022)だ。

Palit Mcrosystemsでは、PalitとGainwardという2つのメインブランドがありアメリカではGainwardが主流だ。Palitの本社は台湾で、工場は中国にある。物流センターは香港にそしてドイツに支店がある。これは今の世界の状況を考えると不思議なことではない。予算を抑えるために中国に工場を置くのは理にかなっている。利益を出すためにも当たり前のことだろう。

物流はアジアの中心である香港にあるので、欧米やアジアの顧客情報をまとめることが可能だ。さらに、ドイツを拠点にヨーロッパへのマーケティングを行っている。グラフィックボードはヨーロッパでの販売数が多い。そう考えるとドイツに視点を置くのは何らおかしいことではない。

ドスパラが国内唯一の代理店!

dospalit
Palitのグラフィックボードは、ドスパラのみが販売の権利を持っている。ドスパラの営業努力の結果国内でもユーザーは正規品を購入できるということだ。元々Palitは欧州を中心にシェアを伸ばしているメーカーなので、日本に来たというだけでも凄いことだ。

生産した5割以上は欧州など主要なエリアで残りは少しずつ世界中へ販売されているのだ。ドスパラのおかげで国内でもPalitのグラフィックボードを手に入れることができるのは嬉しい。ドスパラのゲーミングPCの購入を考えている方はこの優れたグラボを体感することが可能だ。

最近どこかのBTOショップのカスタマイズページで遊んでいた時Palitが選択肢にあることに気付いた。カスタマイズに組み込むことは他ショップでもできるようだ。ちなみAmazon.co.jpでも販売されているが、全て並行輸入か個人による販売となっている。保証面などを考慮するとドスパラで購入する方が安心だ。

>>>>>Palit製グラフィックボード一覧(ドスパラ)

人気のPalit製グラフィックボード一覧

GeForce RTX 3080 GamingPro V1 10GB

GeForce RTX 3080 GamingPro V1 10GB

  • 発売日:2021年07月15日
  • 価格:104,800円
  • 性能:★★★★★★★★★☆

RTX 3080の最安値クラスのモデルとなっている。税込104,800円で購入可能だ。ベースクロックは1440MHz、ブーストクロックは1710MHzとなる。Founders Editionとスペックは変わらないが、ファンが3つと大きく冷却性能が高い。コスト重視で選ぶなら競合モデルと比べても優位性がある。

GeForce RTX 3060 Ti Dual OC V1 8GB LHR版

Palit NE6306TS19P2-190AD

  • 発売日:2021年07月01日
  • 価格:64,780円
  • 性能:★★★★★★★☆☆☆

RTX 3060 Tiは、Ampere世代の中でも人気の高いグラフィックボードだ。ベースクロックが1410MHz、ブーストクロックが1695MHzで、リファレンスモデルよりもブーストクロックが高く設定されているオーバークロックモデルとなっている。マイニング性能が制限されている点は注意しよう。玄人志向の「GAMING GG-RTX3060Ti-E8GB/DF/LHR」より2,000円高くなっているがほぼ最安値クラスのモデルと言えるだろう。

GeForce RTX 3060 Dual OC 12GB

GeForce RTX 3060 Dual OC 12GB

  • 発売日:2021年06月22日
  • 価格:48,980円
  • 性能:★★★★★★☆☆☆☆

RTX 3060は、手頃な価格で人気が高いグラフィックボードだ。PalitのGeForce RTX 3060 Dual OC 12GBはオーバークロック対応モデルでリファレンスモデルよりもブーストクロックが3%程度引き上げられている。ASUSの「PH-RTX3060-12G-V2」やGAINWARDの「GeForce RTX 3060 Ghost NE63060019K9-190AU」よりも2,000円から3,000円高くなっている。OCモデルということもあって許容できるのではないかと思う。

Palit製グラフィックボードの特徴&選ぶメリット

rtx2060superpalit

価格が安い

Palitを選ぶ最大のメリットは価格の安さだ。パッケージ・カタログ・サポートをなくして価格を抑えた競業の一つ「玄人志向」よりも安く購入できる。通常グラフィックボードの多くが輸入代理店経由で日本で販売される。結果的に中間マージンが発生して割高になってしまうということだ。ところが、Palitについてはドスパラが直販しているため中間マージンが発生せず、ユーザーに安く提供できる(ドスパラ, 2018)のだ。

国内において安く購入できるのはドスパラのおかげだと言える。ドスパラの国内での知名度・販売力があるからこそなせることなのだ。他社メーカーのモデルと比べても明らかに安いことがわかる。そしてPalitは価格が安いだけの製品ではない。性能を底上げしたオーバークロックモデルも販売されている。元々の価格が安いので性能や機能がアップしても他のグラフィックボードよりもコストパフォーマンスに優れているということだ。

Palitはドスパラ以外ではあまり見かけないということもあって購入していいのか不安になってしまうかもしれない。聞いたことも見たこともないメーカーと感じる方もいるだろう。それに加えて価格が安いとなれば怪しんで手を出しにくくなる人もいるはずだ。世界ではトップクラスのシェアを誇るPalitも日本での展開規模はそれほど大きくない。

多くのゲーマーは知名度を優先して購入を検討するのではないだろうか。人間の悲しい習性でもあり堅実とも言える考え方だ。これらの流れで国内では評価されていないグラフィックボード筆頭と言える。初めてグラフィックボード単体で購入したのはPalit製のGTX 460だった。ほぼ24時間稼働で2年以上故障もなく稼動してくれた。

Palit製のグラフィックボードは、個人的には誰にでもおすすめしやすい製品である。良質なものをより安く販売!という100%善意だったとしても、それが返って仇となってしまう悲しい話だ。最後に参考としてメーカーごとの価格差をまとめておく。価格.conの価格を参考(価格.com, 公開年不明)にしている。

参考

  • Palit GeForce RTX 3060 Ti Dual OC V1 8GB:79,800円
  • 玄人志向 GALAKURO GAMING GG-RTX3060Ti-E8GB/DF/LHR:81,800円
  • MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHR:81,800円
  • Palit RTX 3060 Ti ColorPOP 8GB:87,800円
  • ELSA RTX 3060 Ti S.A.C:88,447円
  • ZOTAC RTX 3060 Ti Twin Edge OC:89,500円

豊富なラインナップでパフォーマンスが高い

参考価格コアクロックブーストクロック
リファレンス$3991410 MHz1665 MHz
Palit79,800円1410 MHz1695 MHz
玄人志向81,800円-1665 MHz
MSI81,800円-1695 MHz
ELSA88,447円1410MHz1665 MHz

上記はRTX 3060 Tiのスペックだ。Palitのグラフィックボードは、モデルによってはリファレンスモデルよりも高く仕上げられている。価格が最も安いのに性能も高めになっている。つまり、Palit製グラフィックボードを採用しているドスパラのパソコンはリファレンスモデルを搭載する他製品よりも優れているということだ。クロック周波数の差でしかないとしてもベンチマークなどのスコアにははっきりとその違いが現れる。

ラインナップが豊富

  • 性能の高いOCモデル(オーバークロック)
  • 冷却効果の高い3連ファンモデル
  • ゲームに最適化されたWGRモデル

Palit製のグラフィックボードは非常に種類が豊富だ。GPUによって採用される種類も異なってくる。自作を考えている方は何を重視してグラフィックボードを選ぶのかを事前に決めておくとよいだろう。

性能重視でいくのか、冷却効果の高いモデルを選ぶのか、ゲーム特化型を選ぶのかといった具合だ。あなたの環境に合わせて選ぶことが重要だ。例えば、RTX 2080 SUPER以上のハイエンドモデルなら冷却効果が高いモデルを選択することで熱によるパフォーマンス低下を防ぐことができるだろう。

機能面でも優れている

性能以外でも優れたグラフィックボードが販売されている。例えば、温度によってグラフィックボードの発色が変わっていくというものがある。変化の方法について設定をすることも可能だ。また、BIOSにトラブルが発生した場合にでも対応できるデュアルBIOSも搭載。不具合に対応する手段はいくつあっても困らない。

その他、グラフィックボードの温度が60℃を超えるまでファンを止める0-dBも静音性の高さから人気があるモデルだ。特にこれらの機能はドスパラのGALLERIAシリーズと相性が良い。ドスパラのゲーミングPCでは、静音性を重視しつつサイドパネルを変更することで発色を確認出来る。

グレードによっては特に何もないこともあるので、おまけ程度に見ておくのも良いかもしれない。総合的に見て、Palit製グラフィックボードは優れた性能と機能で多くの要求をクリア出来る。GTX 1650では完全ファンレスの無音グラフィックボードがPalitから登場していた。自作ユーザーであれば選択したいところだ。

耐久性に優れている

PalitのGPUは耐久性に優れている。もちろんこれはユーザーの使用環境に大きく依存するものの、730日中700日連続でパソコンを付けっぱなしにしていても壊れなかった経験がある。GTX 460からGTX 760に乗り換えるまでグラフィックボードに何の不調も見られなかったということで私はPalitを信頼している。

Palit製のグラフィックボードはリファレンスモデルがあまり市場に出回らない。そのため、何かしらの特徴を持ったグラフィックボードばかりだ。冷却性能の高い3連ファンはもちろん、内部構造もしっかり考えられているようだ。放熱については高い技術が採用されている。

銅ベースにより熱伝導率を高めている。6 極ファンモーターとターボファンブレードを採用したファンは冷却性能と静音性を両立している。細かなところで優秀な技術を採用し、性能を維持できることも耐久性に繋がっているのだろう。

また、前述の0-dBのように、グラフィックボードに負荷がかかっていない場面ではファンを止めるのも大きい。これにより、グラフィックボードにかかるダメージは軽減される。長く使用するためには重要な機能と言えるだろう。

Palitのグラフィックボードはなんでそんなに安いの?

他メーカーのものと比べると明らかに安いので不安を感じる人も多いと思う。中国製ではないか、耐久性はどうか、信用できるのか。・・・そう考えるのが自然だと思うのでここで詳しく解説する。

自社工場を中国に置きコスト削減

PalitはNVIDIAの公式パートナーとして自社工場を持っている。工場を中国に置くことでグラフィックボードの生産に掛かるコストもかなり抑えられるわけだ。中国で生産しているので中国製というのは間違いではない。ただ、品質はすでに記載したとおり不安はなく他のメーカーと変わらない。

また,AMDのRadeon製のグラフィックボードは生産していないことが強みになっている。NVIDIA製のグラフィックボードに特化することでバルク生産が可能となり価格引き下げに効果があるのだ。価格が安いのにもしっかりとした理由がある。

ASK税が掛からない

実はこれが一番大きい。はっきり言うとPalitが安いのではなく、他製品が高いだけなのだ。国内で販売されているグラフィックボードやCPUにはASK税と呼ばれる代理店マージンが加えられている。登場時は大きく乗っかかっているのでご祝儀価格と皮肉的に呼ばれることもあるほどだ。

Palitの国内正規代理店はドスパラのみである。そしてショップとして展開しているドスパラが直接ユーザーに販売しているので、マージンをカットできる(ドスパラ, 2018)というわけだ。ユーザー側からするとASK税こそが諸悪の根源だ。大手のメディアも登場時に価格を心配したり、触れないことが多い。

これは北米価格と言われる定価と国内で展開される価格の開きが大きいからだ。例えば、RTX 2070 SUPERは北米価格は$499となっている。1ドル120円と高めに設定しても59,880円だ。実際に国内初登場時の価格はおよそ7万円~8万円にまでになった。

その中で、Palit製のRTX 2070 SUPERだけは6万円台中盤に価格を抑えた。これは他製品にある程度合わせたというのが正しい。ドスパラのオンラインショップではいち早く値段が下げられ、常時売り切れ状態が続いていた。Palitが安いのではない。適正価格で販売されているだけである。ドスパラが間に入っていることをよく思わないユーザーも一定数いるが、その恩恵はしっかりとユーザーに還元されているのだ。

Palitのデメリットは?

知名度の低さはデメリットになる。ドスパラのモデルに搭載されているグラフィックボードというのも印象が悪いかもしれない。一昔前のドスパラは電源の質が悪かった。そしてその電源はドスパラのモデル以外で搭載しているショップはほとんどなかった。これは少し前にあったSSDの偽装疑惑にも言えることだ。

「ドスパラにのみ搭載されているモデル」というのはいわく付きと言われても仕方がないところである。Palitは非常に優れたグラフィックボードであることは間違いない。しかし、その知名度の低さからドスパラのオリジナルグラフィックボードと捉えられることもあるようだ。知られていないから避けられるだけではない。全く知らないが故に批判の対象となることも少なくない。

国内の代理店がドスパラだけであることがそのままデメリットにもなっている。もちろん、Palitを知っている人は知っている。事実、Palit製のグラフィックボードは登場した時に高確率で売り切れになる。今はある程度認知されてきている。そのため、コストパフォーマンスを求めるユーザーに愛されている。

ドスパラでしか手に入れることができないグラフィックボードは、ドスパラで売り切れになると入手できなくなる。つまり、欲しい時に手に入らないことがあるのだ。これもまた国内の代理店がドスパラだけだからこそ起こるデメリットだ。

また小さいことだが、ファンの中央に貼り付けられているシールが長期間使用していると剥がれてファンに張り付いてしまうことがある。その結果パソコンユーザーにとって不快で不安な音を出し始めるので、装着時に取り除いておくことを推奨する。

Palitの評判・口コミを世界中から集めてみた!

2chまとめ(5ch)

>>904
世界シェアトップクラスやで
最近のデータは知らんけど過去に世界で一番売れてるメーカーと聞いた覚えが

引用元:(ジサクテック, 2017)

Palitは、Palit以外にもDaytona・Gainward・Galaxy・Vivkoo・Yuan・XpertVisionなど多くのブランドを持っている。それらを合わせるとたしかにトップクラスの販売台数を持っていると考えても不思議ではない。地域ごとにブランドを変えているのが特徴だ。日本ではPalitがメインとなる。

知恵袋

Palit はSuper Jetstream は良いと思う。
「耐久年数」は、壊れるまでテストする人が居ないので、高耐久を謳う物よりは劣るかも、って程度で。

引用元:(Yahoo!知恵袋, 2017)

上位モデルは高性能で実は売れ筋だ。エントリークラスからハイエンドクラスまでどのグラフィックボードでも安い順に並べればPalit製のグラフィックボードが上に来るはずだ。上位モデルでもASK税が掛からないため非常に安く購入できる。

価格.com

国内大手の価格比較サイトである「価格.com(外部リンク)」でもPalit製のグラフィックボードが紹介されている。売れ筋モデルになっている製品もあってユーザーによる評価も軒並み高い。やはりコスパの高さはユーザーを惹き付けるのだろう。時間があれば各モデルのレビューや掲示板を参考にすると良い。

Reddit(世界最大掲示板)

Yet the Palit 980Ti is arguably the best of all of them

In every review it aces it in noise and cooling for less than the competition. Only way of beating is is going more expensive like the Zotac Amp! EXTREME or MSI Lightning.

But they aren’t available in the USA, so you never hear about it if you’re not in Asia or Europe.

See this here? Dual fan card that is cooler than all of them but the triple fan Gigabyte and Zotac yet is far quieter as the Zotac is very loud and the Gigabyte isn’t quiet.

引用元:(reddit, 2016)

世界最大の掲示板であるReddit(レディット)でも記載されている。書かれている内容をまとめると、Palitは世界一のベンダーでライバルに比べて静音性や冷却性が高いということだ。コスパは間違いなくトップクラスだと言える。ただし、アメリカでは手に入らずPalitはアジア及びヨーロッパを中心にしたブランドだ。

>>>>>ドスパラでPalitのグラボを見る<<<<<

当記事のまとめ

Palitは台湾のグラフィックボードメーカーである。国内ではドスパラのゲーミングPCやショップでしか見かけないメーカーだ。そのため、様々な誤解を招いている。世界的にトップクラスの販売数を誇るベンダーである。玄人志向・MSI・ASUSに次いで高いシェアを持っている。

価格が安く、性能が高いグラフィックボードで非常に人気が高い。一部製品を除いて静音性が高いこと、冷却性能の安定感から支持されている。国内ではドスパラのみが販売ライセンスを持っていので、パリットのグラボが欲しいと思ったらドスパラのWEBサイトをチェックすると良いだろう。

参照外部サイト

関連おすすめ記事

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
ゲーミングPCの特徴を比較
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya