GALLERIA XA7C-R36Ttop


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R36T」についてレビューを行っている。税込み20万円以下という枠組みに入ったことでRTX 3060 Ti搭載モデルの魅力が増している。ゲーミング性能は高くRTX 3070に匹敵するほどだ。高解像度にも対応できるポテンシャルの高さは注目に値する。3万円の値上げが適用となり評価を大きく下げてしまっている。

GALLERIA XA7C-R36Tのスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R36T
価格Windows 10 / 229,980円(税込)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆5.3

>>GALLERIA XA7C-R36Tを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R36Tの性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou

RTX 3060 Tiは、Ampere世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。2020年12月に発売開始となり注目を集めている。性能は非常に高く前世代のRTX 2080 SUPERを超えるパフォーマンスを発揮する。WQHD環境でのゲームプレイを得意としているが、4K解像度にも対応できるポテンシャルがある。長く使用できるグラフィックボードであることは間違いない。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、ゲーミングPC搭載CPUの定番モデルだ。8コア16スレッドでゲーム適正も高くグラフィックボードの性能を活かしやすい。Core i5シリーズとは一線を画するモデルだと言える。マルチスレッド性能が高いので、ゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業にも対応できる。RTX 3060 Tiとの相性も良好だ。

総合性能

GALLERIA XA7C-R36Tseinou

Core i7-10700とRTX 3060 Tiの組み合わせは非常に相性がよい。PUBGや黒い砂漠でも十分に対応できる。主要タイトルはおおよそカバーできる性能を持っていると考えてよい。ゲームを快適にプレイすることはもちろん、RTX 3060 Tiの性能を上手く引き出すことができる。RTX 2080 SUPERと同等の性能を有することから、Core i7以上の性能がなければバランスを取ることは難しい。

ゲームを中心であるなら、今はあまりバランスを重要視する必要はない。それはCPU性能よりもGPU性能の方がゲームに影響しやすいからだ。ただ、Core i7-10700より低い性能のCPUと比べてゲームのパフォーマンスの向上はある。重要性が薄れてきているだけで、不必要というわけではない。

4Kへの対応力はあまり高くない。FF14のように要求スペックが標準的なタイトルに対しては4Kに対応できる。基本的にRTX 3060 Ti搭載モデルはWQHDを基本とする性能である。Apex LegendsはフルHDなら240Hzに対応できる。WQHDでは144Hzを実現できるので、環境に合わせやすい性能と言える。快適性とグラフィックを両立しやすいのが次世代のミドルクラスの強みだ。

>>GALLERIA XA7C-R36Tを購入<<

GALLERIA XA7C-R36Tの特徴

再度の値上げで評価暴落

評価だけは高かったGALLERIA XA7C-R36Tも値上げされたことで評価を下げている。今回は2万円の値上げが適用され、一気に選びにくさが出てきた。性能的には決して悪いものではないが、ここまで価格が乱高下すると選びタイミングが難しい。このあたりはRTX 3060と同じ印象がある。RTX 3060 TiはRTX 3070と同等の性能で価格が安いことが魅力だ。

しかし、グラフィックボード単体で見ればそうでも、搭載モデルになると価格差は広くない。これはRTX 3060 Tiが高いのではなく、RTX 3070の価格が抑えられていることによるものだ。結果として、RTX 3060 Ti搭載モデルは不遇の存在となっている。本来であればもっと評価されるべきだ。歴代の70番台が人気であるため、RTX 3060 TiよりもRTX 3070の方が人気はある。

それはRTX 3060 Ti搭載モデルの減少にも繋がっている。スペック通りの評価なら、最も人気の高いGPUであってもおかしくはない。今や取り扱いショップも減少し、ドスパラでもRTX 3070搭載モデルの引き立て役だ。評価が暴落した今となっては率先して選びたいモデルとは言えない状況だ。

第10世代のCore i7との組み合わせで22万円台は流石に厳しい。RTX 3070搭載モデルやRTX 3070 Ti搭載モデルまで見える。RTX 3060の価格が高騰している以上、下げるわけにはいかないのかもしれない。板挟みの立ち位置は前世代のRTX 2060 SUPERに近いものを感じる。

比較対象に注目しよう

GALLERIA XA7C-R36Tは価格設定からおすすめしにくいモデルだった。今回の値上げでより厳しい状況になっている。比較対象となるモデルはRTX 3070搭載モデルなどの上位モデルになるのが痛い。20万円を超えると一気に強力なモデルが増える。人気の価格帯とは違うが、人気の性能帯になってくるからだ。価格が高騰していてもハイクラスのゲーミングPCは人気が高い。

RTX 3070搭載モデルによる熾烈なトップ争いが繰り広げられている。その中にGALLERIA XA7C-R36Tが入っていっても勝ち目はない。RTX 3060 Tiを搭載していることによる強みをもっと活かすべきだ。少なくともおすすめしやすい価格に値下げされない限りは引き立て役にすらなれない可能性がある。

多くのショップがRTX 3060に力を入れているのは人気の価格帯だからだ。上位モデルのRTX 3070にも変わらず力を入れているのは人気の性能帯のためだと言える。どっち着かずのRTX 3060 Tiはそれぞれの強みを併せ持っているが、ハイブリッド型は往々にして中途半端になりやすい。

RTX 3070に近い性能はあっても、価格は特別安いわけではない。主役のRTX 3070に比べて販売できる数も多くないため価格を抑えきれていないのが要因だ。結果として、RTX 3070に近い性能でRTX 3070と同等の価格に落ち着いてしまっている。この状況を打破しない限りはGALLERIA XA7C-R36Tに未来はない。

>>GALLERIA XA7C-R36Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAraytrek
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)raytrek ZFtop
製品名XA7C-R36TXF
価格209,980円(税込)219,980円(税込)
CPUCore i7-10700Core i7-11700
GPURTX 3060 TiRTX 3070
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBDDR4-3200 32GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE750W GOLD
チップセットH570H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのraytrek XFだ。CPU・GPU・メモリ容量・メモリ規格・電源・電源規格でリードしている。性能と構成で圧倒的な差をつけていながら価格はraytrek XFの方が安い。もはやGALLERIA XA7C-R36Tを選択するメリットが見つからない。

CPUは最新のCore i7-11700Fで、RTX 3070の性能を上手く引き出せる。ストレージ容量だけは落ちるが、他の部分は話にならないほど引き離している。予算や性能的にGALLERIA XA7C-R36Tを候補に入れていたならraytrek XFをチェックしてほしい。

>>GALLERIA XA7C-R36Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-R36T)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7C-R36Tは、RTX 3060 Ti×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。税込み20万円以下でハイクラスのモデルを選べるということで2021年注目のゲーミングPCと指定していた。ところが3万円の値上げが適用となり評価は一変している。RTX 3060 Ti搭載モデルについてはやや厳しい状況となる。上位モデルのRTX 3070搭載モデルと同等の価格だからだ。

もちろんゲーミング性能自体に不足はない。RTX 3070に近い性能を持ち高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応できる。高解像度にも対応できるポテンシャルを持つ。品薄状態が続いていたが少しだけ希望の光が見える。メモリ16GB、SSD 1TBとドスパラらしく構成も充実している。

価格CPUグラボ
229,980円(税込)Core i7-10700RTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7C-R36Tを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。