G-Tuneのキューブ型ケースケースレビュー・考察 | LITTLEGEARで採用低価格、超省スペースケース

littlegearcase

G-Tuneのコンパクトケースのレビューをしている。

G-tuneのゲーミングPCブランドLITTLEGEARに採用されているケースで、キューブ型とミニタワーの中間となる大きさのパソコンケースだ。様々な工夫が施され、洗練されたデザインは注目を集めている。シンプルな見た目で機能性が不安視されるが、よく考えられているように思う。

不安要素
大きさはミニタワーより小さくキューブ型よりも大きいといったところで、良く言えばそれぞれの持ち味を出していると言えるだろう。キューブ型は本来排熱が悪くエアフローがあって無いようなものなので、ミニタワーに近づけることで排熱性能を高めている。しかし、キューブ型のデメリットを消してはいるが、大きさはキューブ型より大きい。そしてミニタワーより小さいことで、どうしてもスペースに余裕が無くなってしまいミニタワーより排熱性能は低くなっている。

結局器用貧乏の位置づけになってしまい、排熱に関しての不安要素は拭えない。また、現在はLITTLEGEARでのみTITAN Xを採用しているが、排熱が弱いという点で不安しかない。第4世代搭載モデルはWindows10しか選択できない。

基本無料のゲームでは推奨環境ではなかったり、対応していなかったりする。その辺りは不親切と言わざるを得ない。

また、コストパフォーマンスは特別高いわけではないので、結果的にサイズが一回り小さいミニタワーでしかない。熱に関してはこのサイズである以上しかたないが、底面吸気はメンテナンスの手間を考えても微妙。長時間のゲームプレイに耐えられるようには思えないので、全体的にライトゲーマーにおすすめか。

G-tune Littleケース本体寸法

littlegearsize

箇所大きさ
17.8cm
奥行き39.5cm
高さ33cm

さて、サイズはどのくらい小さくなったのだろうか。G-tuneのミニタワーで幅19.6cm 奥行き43cm 高さ41.7cmとなっている。

LittleGearは幅17.8cm、奥行き39.5cm(光学ドライブ搭載時は奥行き42cm)、高さ33cmとなる。高さはかなり低くなっているが、それ以外ではたいした差は無さそうだ。ハンドルの部分を含めて33cmなので実際はそれよりも小さく感じることだろう。

G-tune Littleケース I/Oパネル

littleio

I/Oパネルはフロントサイド部にあり、電源ボタンは光沢シルバーとこだわりを感じる。ミニタワーよりもUSBが少ないが、機能性自体はそこまで大きく落ちるわけではないので許容範囲だろう。

ただ、マイクとイヤホン端子が低い位置にあると、机の下に置く場合はその低さが不便に繋がりそうだ。


ハンドル部分

littlegearhandle

持ち運びを想定したハンドルがあり、50kgの重さにも耐えられる代物だ。そもそも小さいとは言え、デスクトップPCなのだから持ち運びはそこまで考えられないが・・・。あってもいいが、無くてもいい。そんな機能だ。

個人的にはこのハンドルがないほうがコンパクトで良かったのではないかと思う。取り外しについては記載されていないので、恐らく取り外しは不可能なのだろう。

光学ドライブ

littlekougaku

一番の難点となるのが光学ドライブだ。当然非搭載だが、オプションで搭載するとこのような形でディスクを挿入することになる。

デザインと機能性を両立させた高額ドライブは秀逸だ。しかしながら、オプションの光学ドライブが5,900円というのは少し割高だ。また、上面をずらさなくてはならず、そのときは奥行きが42cmとなってしまう。悪く言うと無理やりスペースを作って搭載できる場所を用意したというところか。

吸気・エアフロー

littlemesh

取り外し可能な底面メッシュカバーが特徴だ。排熱やエアフローを考慮すると重要な吸気口で、フロント部分では無く底面からの吸気となるので埃などに対しての配慮をしていると考えられる。こうなってくると置き場所が本当に問題になってきそうだ。

小さいというメリットと同時に、パソコンに掛かる負荷という根本的な問題が浮き彫りになる。やはり排熱に関しては少し不安が残る。また、底面だけでなくサイド部分からも吸気しているためか、エアフローは少し特殊だ。

G-tune Littleケース

kakutyousei

絶望的な拡張性は、貴重なエアフローを塞いでしまいそう。HDDを搭載というより、これはもここしかスペースが無かったからここに貼り付けたような感じだろうか。よりにもよって、このサイズにATX電源を搭載し、少し空いたスペースにHDDとSSDを収納できるようにしている。

HDD1台、SSD1台が限界という凄まじい拡張性はやはり微妙だろうか。一応フルサイズのグラフィックボードを搭載することが出来るようだが、排熱に不安を抱えたモデルだけに恐怖しかない。

LITTLEGEARのおすすめモデル

1位:LITTLEGEAR i310GA5 2位:LITTLEGEAR i310PA6
価格 149,800円(税抜) 179,800円(税抜)
CPU Core i7-6700 Core i7-6700
GPU GeForce GTX1070 GeForce GTX1080
メモリ DDR3 16GB DDR3 16GB
SSD 240GBB SATA3 240GB
HDD 非搭載 非搭載(キャンペーン時2TB)
電源 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS SILVER) 500W 静音電源(AcBel 製 / 80PLUS SILVER)
詳細

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ