FRGAH670WS127NTK


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGAH670/WS127/NTK」のレビューをしている。フロンティアの台数限定モデルでコストパフォーマンスが高い。Core i7-12700F×RTX 3060 Ti搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。今でこそCore i5-12400Fとの組み合わせが人気だが、旧世代ではこのCore i7シリーズとの組み合わせが売れ筋モデルだった。

最新のCore i7-12700Fは性能が高くゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業を考えている方におすすめだ。ゲームプレイだけだとややオーバースペックとなるかもしれない。構成も充実していてカスタマイズなしで購入してもオッケーだ。そういう意味では初心者の方でも選びやすいのではないかと思う。

FRGAH670/WS127/NTKのスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GAシリーズ
製品名FRGAH670/WS127/NTK
価格204,800円(税込)
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットH670
コスパ★★★★★★★★★☆ 8.9

>>FRGAH670/WS127/NTKを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH670/WS127/NTKのゲーミング性能

Core i7-12700F(CPU)

corei7-12700seinou202201

FRGAH670/WS127/NTKで採用されているCPUはCore i7-12700Fだ。今世代からハイブリッドコアアーキテクチャが採用されている。8つのPコアと4つのEコアを搭載していて物理コアは12コアとなる。従来モデルであるCore i7-11700から50%アップだ。Pコアのみハイパースレッディングに対応していてスレッド数は20となる。こちらも25%アップだ。

ハイブリッドコアアーキテクチャ採用によるスペックの大幅な引き上げによって処理性能が大きく向上した。Core i7-11700と比べて90%以上もパフォーマンスが高い。Ryzen 9 5900Xを上回る性能は圧巻だ。ゲーム実況・動画編集などの作業でも高いパフォーマンスを発揮する。これまでクリエイター作業はAMD製CPUの独壇場だったが、その牙城を崩すことになった。

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou202206

当該モデルではグラフィックスにRTX 3060 Tiが選択されている。Ampere世代のモデルの中でも人気の高いグラフィックボードだ。今の売れ筋モデルはこのRTX 3060 Ti搭載モデルだと言っても過言ではない。60番台ながら高い性能を持ち、従来モデルのRTX 2080 SUPERを上回る性能を持つ。RTX 2060と比べると40%以上も性能が高い。フルHD環境なら高リフレッシュレートを実現できる。WQHD環境にも対応できるポテンシャルの高さが光る。レイトレーシングについてもある程度は利用可能だ。

>>FRGAH670/WS127/NTKを購入<<

FRGAH670/WS127/NTKの特徴まとめ

台数限定セールで売れているモデルの一つ

FRGAH670WS127NTK

FRGAH670/WS127/NTKは、フロンティアの台数限定セールの対象モデルの中でも売れ筋モデルの一つとなっている。19台の台数限定モデルの中でTOP 6に含まれているということだ。コストパフォーマンス重視で選びたい方にもおすすめできる。Core i7-12700FとRTX 3060 Tiの組み合わせは魅力的だろう。フルHD環境なら十分満足できるパフォーマンスを持っている。

メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。さらに、電源ユニットは850W GOLDだ。ややオーバースペック気味な電源ユニットの選択はメリットだ。今ならCPUクーラーキャンペーン実施中で+2,200円で「SilverStone SST-AR12/FR」にアップグレードできる。夏場の長時間での使用でも安心だ。

Core i5-12400F搭載モデルにはコスパで劣る

当該モデルはコストパフォーマンスに優れたモデルであることは間違いないが、同じフロンティアのCore i5-12400F搭載モデルである「FRGXB660/WS15/NTK」はさらに高いコストパフォーマンスを持つ。CPUがCore i7-12700FからCore i5-12400Fになるだけで39,000円も安くなる。単体のCPUとしてはCore i7-12700Fが43,800円~、Core i5-12400Fが22,880円~で価格差は20,000円前後だ。チップセットや電源ユニットの差があるとは言っても搭載モデルになると価格差が大きくなってしまっている。

性能に対する価格をコストパフォーマンスと見るならCore i5-12400F搭載のFRGXB660/WS15/NTKはずば抜けている。事実、セール開始すぐに完売となってしまうほどだ。もちろんFRGAH670/WS127/NTKもコストパフォーマンスが高く他社BTOメーカーでは実現できない水準となっている。ゲームプレイだけを考えるならCore i5-12400Fでも十分だが、ゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業を行いたいと考えているならCore i7-12700F搭載モデルがよい。

>>FRGAH670/WS127/NTKを購入<<

似ているモデルと比較

ブランド名FRONTIERGALLERIA
イメージFRGAH470FWS7galleriaxseries
製品名FRGAH670/WS127/NTKXA7C-R36T
価格204,800円(税込)239,980円(税込)
CPUCore i7-12700FCore i7-12700
GPURTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD650W BRONZE
マザーボードH670H670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象モデルとしてドスパラの「GALLERIA XA7C-R36T」をピックアップした。価格差は35,190円と大きい。GALLERIA XA7C-R36TではCPUにCore i7-12700を搭載している。FRGAH670/WS127/NTKで採用されているCore i7-12700Fよりも価格的には上だが、必要性があるかと問われると疑問が残る。価格を抑えるという意味でもCPU内蔵グラフィックス非搭載のCore i7-12700Fでもよいはずだ。

GPU・メモリ・SSDは共通となっている。FRGAH670/WS127/NTKは電源ユニットにこだわりが見られ高規格の850W GOLDを搭載している。GALLERIA XA7C-R36Tの650W BRONZEよりもツーランク上だ。電源ユニットはコストの掛かるパーツなのでできる限り高規格のモデルを選択している方が好ましい。マザーボードのチップセットは同等だ。電源ユニットの差を考えると35,190円以上の差があると考えてよい。

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからややゲーミングモデル寄りになったと言える。レッドのラインがオシャレだ。他のBTOメーカーと比べるとややおとなしい印象を受ける。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワー寄りのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmであることを考えると一回り大きいことがわかる。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH670/WS127/NTK)

gaseries-right

FRGAH670/WS127/NTKは、フロンティアの台数限定モデルとなっている。Core i7-12700F×RTX 3060 Tiの組み合わせで税込20万円台は驚くしかない。コストパフォーマンスも良好だ。Intel第12世代になって性能の底上げが行われ下位モデルのCore i5-12400Fに立場を奪われつつあるもののCore i7シリーズの人気は健在だ。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高くゲーム実況や動画編集などの負荷の掛かる作業もお得意だ。当該モデルについては構成も充実していてカスタマイズを考えずに購入できる。メモリ16GB、SSD 1TBと圧巻だ。さらに電源ユニットも850W GOLDと上位規格のものが採用されている。

価格CPUグラボ
204,800円(税込)Core i7-12700FRTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya