GALLERIA XA7R-67XTtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 7 5700G×RX 6700 XT搭載のゲーミングPCだ。Radeon RX 6700 XTは、競合のRTX 3060 Tiと同等の性能を持つモデルでWQHD環境でのゲームプレイに適している。今はRTX 3070と同等の価格設定となっているため選びにくいが、今後価格が下がってくれば狙い目となる。もっともRadeonシリーズは供給量がそれほど多くなく半導体不足に関係なく価格が高い傾向にある。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA 5700G搭載」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 5700G、67XT=RX 6700 XTということだ。

GALLERIA 5700G搭載のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載
価格239,980円(税込)
CPURyzen 7 5700G
グラフィックボードRadeon RX 6700 XT
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 2.7

>>GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7R-67XTseinou

GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載はRyzen 7 5700GとRX 6700 XTを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。非常に優れたゲーム性能を持っているが、CPUの性能に対してゲーム性能はあまり高くない。グラフではCPUのゲーム性能を表示しているが、明らかにワンランク下のCPU並みだ。CPU性能を基準にすればバランスの取れた組み合わせでも、ゲーム性能を基準とするとバランスが取れているとは言いにくい。それでも、Apex Legendsやフォートナイトであれば、設定を下げることで高リフレッシュレートや高解像度へは対応できる。このCPU性能に関しては少し特殊なものとなっているので、選択する際は注意しよう。

GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載のゲーミング性能

Ryzen 7 5700G(CPU)

ryzen75700gseinou202205

Ryzen 7 5700Gは、第4世代Ryzenシリーズのハイクラスモデルだ。Zen 3アーキテクチャを採用したAPUだ。上位モデルであるRyzen 7 5700Xと同等のCPU性能を期待できる。ゲーム実況・動画編集・画像編集などのクリエイター作業からブラウジングやオフィスソフトなど日常的な作業にも対応しやすい。L3キャッシュ容量が少なくゲーミングパフォーマンスはそれほど高くない。旧世代のRyzen 7 3700Xとそれほど変わらない。ある程度価格が変わらない限り選ぶ理由は見つからない。

Radeon RX 6700 XT(GPU)

rx6700xtseinou

Radeon RX 6700 XTは、Navi 22を採用したグラフィックボードだ。7nmプロセスを採用していて省電力に優れている。ゲーミング性能的にはミドルエンドクラスでRTX 3060 Tiをも超えることがあるが、不安定さがあるため大きく劣ることもある。基本的にはWQHD環境をメインターゲットとしているモデルだ。

フルHD環境で高リフレッシュレートでのゲームプレイに対応できる。現在RTX 3060 Tiの供給不足が続いている中で期待が持てるが、価格が高めなので見極めが大切だ。レイトレーシング性能についてはRTX 3060 Tiに大きく劣る。1世代前からレイトレーシングを投入したNVIDIAは優勢だ。

>>GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載を購入<<

GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載の特徴&強み

今回の値上げで評価が大きく下がる

GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載は、価格が209,980円から239,980万円へと値上げされたことで評価を落とした。もう少し選びやすい価格で展開できていれば人気モデルになれただろう。Ryzen 7 5700Gの性能はCore i5-12400より少し高い程度で、ゲームではCore i5-12400の方が上回る場面が多い。L3キャッシュ容量の少なさがネックとなりやすい。ゲームプレイをメインに考えている方は注意しよう。

その点を考えると、20万円は切っておきたかった。23万円台になるとさらに性能に優れたモデルと比較することになる。GALLERIA XA7R-67XTは少し前まで性能と価格が魅力のモデルであり、優れたコストパフォーマンスが特徴だった。その特徴を失ってしまうとおすすめしにくくなる。また、状況はさらに悪くなりつつある。他ショップではまだ値上げが完全に行われていない。

その状況でドスパラは2度目の値上げを適用し始めた。これにより、同じ価格帯のモデルの性能は大幅にアップしてしまった。つまり、比較対象のモデルがワンランク上のモデルとなっている状況だ。ゲーミングPCは相場がはっきりと定まっているわけではない。それぞれのパーツの集合体であるため、相場はアバウトなものがある。そういう性質があることから、良し悪しは相対的な評価で決まりやすい。

例えば、RX 6700 XTはRTX 3070と同程度の性能だ。そうなるとRTX 3070搭載モデルとRX 6700 XT搭載モデルは同じ価格帯になければならない。RX 6700 XT搭載モデルが明らかに安いと評価は上がり、逆に高ければ評価は下がる。指標はあっても、相対的な位置が最も大きな影響を与える。

RX 6700 XT搭載モデルはそれほど多くないので、必然的にRTX 3070搭載モデルと同列に比べられてしまう。今回の値上げはRTX 3070搭載モデルの標準的な価格を超えてしまったように見える。GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載を評価しにくいのは、上位のRTX 3070 Ti搭載モデルに価格が近づき過ぎたことによるものだ。

Ryzen 7 5700G搭載であることが少し苦しい

当該モデルは、Ryzen 7 5700Gを搭載していることがマイナスとなっている。それはRyzen 7 5800XやRyzen 7 5700Xの存在が大きい。2022年4月、満を持してRyzen 7 5700Xが登場した。Ryzen 7 5800Xから1年以上経ってからの登場だ。Ryzen 7 5700Gにとっては上位のCPUに当たり、Ryzen 7 3700Xの人気を引き継ぐRyzen 7 5700Xに対してインパクトがない。

Ryzen 7 3700Xに続き、Ryzen 7 5700GもCPU性能でCore i7-11700Kに届かないのも痛い。Core i7-11700Kに届かないということは最新のCore i7-12700に圧倒的な差を付けられているということだ。GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載はCPU性能にやや不安がある。もちろん、ゲームで性能を大きく引っ張るようなことはないが、それならもっと安価に選択できるCore i5-12400を選択する方がよい。

23万円台の比較対象はCore i7-12700搭載モデルがほとんどだ。総合的な性能では絶対に覆せないほどの差をつけられている。一番のネックはゲーム性能の低さである。Ryzen 7 5700Gはゲーム性能を犠牲に、CPU性能を伸ばしたCPUだ。Ryzen 7 5800X3Dとは逆のタイプのCPUである。Ryzen 7 5700Gの処理性能はCore i7-11700Kより少し低い程度だが、ゲーム性能になるとRyzen 7 3700Xを下回る。

これはつまりCore i5-11400とRyzen 5 3600の中間程度を意味する。ゲーミングPCに採用されるCPUとしては大きな欠点を持っている。23万円台の比較対象はCore i7-12700搭載モデルがほとんどだ。CPUの処理性能、ゲーム性能で絶対に覆せないほどの差をつけられている。

現行の世代であっても、Intelの第11世代Core iシリーズに対抗できるだけで第12世代Core iシリーズに対しては手も足も出ない。その上、現行であることから価格を抑えることもできない。展開が遅れたことがこういったところに現れるようになった。

今、Ryzen搭載モデルは性能面では非常に窮している。価格で勝てない、性能で勝てないという状況が続いている。秋に登場予定の第5世代は第12世代の対抗はできても、同時期に登場すると目される第13世代に対抗することは難しそうだ。ドスパラに限らず、全てのショップでRyzen搭載モデルはやや価格設定が高い。

Intelと並んで販売するためかとも思ったが、今の状況なら20%下げてようやく適正に感じる。Ryzenは性能よりも選びやすい価格を売りしなければ苦しい。GALLERIA XA7R-67XTであれば20万円を切れば人気モデルになれる。Intel搭載モデルのワンランク下のモデルに合わせてようやく釣り合いが取れそうだ。そして、そうなるまでは決しておすすめできないCPUになりつつある。

>>GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAraytrek
画像GALLERIA XA7C-R70S (2)raytrek ZFtop
製品名XA7R-67XT 5700G搭載XF
ケースミドルミドル
価格239,980円(税込)229,980円(税込)
CPURyzen 7 5700GCore i7-12700
GPURX 6700 XTRTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD650W BRONZE
マザボB550H670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのクリエイター向けPCであるraytrek XFだ。CPU性能が大幅にアップするCore i7-12700を搭載し、GPU性能も少し高いRTX 3070を搭載している。価格が1万円安く、性能の高いモデルがあるならそちらの方がいい。SSD容量と電源ではGALLERIA XA7R-67XTに分がある。

SSDは後から増設できる。電源は必要十分な容量があれば問題はない。一方で、CPUやGPUなどの性能に関わる箇所は、交換対応するしかない。交換すると交換したパーツは余ってしまうので、性能か構成かを選ぶなら、最初は性能を選ぶ方がいいはずだ。

後から融通の利きにくい部分を優先しておくことで、今後の手間を軽減できる。もっとも、これだけ大きく性能差をつけられているなら、迷うことなくraytrek XFだ。他にも優れたモデルは出てきそうなので様子を見たい部分もある。

GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載のPCケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載は、Ryzen 7 5700G×RX 6700 XT搭載のゲーミングPCだ。ミドルエンドクラスのモデルとして性能は十分だと言える。WQHD環境でのゲームプレイに対応できるポテンシャルを持つ。Ryzen 7 5700Gについては、上位モデルのRyzen 7 5800Xと比べても価格的な優位性があるはずだが当該モデルについては価格が高くおすすめしづらい。ゲーム適性がやや低いのも厳しい。それはやはり供給量の少ないAMD製Radeonシリーズを搭載していることが要因のように思える。より安くより高性能なモデルが比較対象モデルにあるためしばらくは日の目を見ることはないだろう。

価格CPUグラボ
239,980円(税込)Ryzen 7 5700GRX6700XT
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7R-67XT 5700G搭載を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya