GALLERIA XA7R-67XTtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA XA7R-67XT」の詳細レビューをまとめている。Radeon RX 6700 XT×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。RTX 3060 Tiと同等の性能を持つモデルでWQHD環境でのゲームプレイに適している。今はRTX 3070と同等の価格設定となっているため選びにくいが、今後価格が下がってくれば狙い目となる。もっともRadeonシリーズは供給量がそれほど多くなく半導体不足に関係なく価格が高い傾向にある。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7R-67XTという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7R-67XT」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、67XT=RX 6700 XTということだ。

GALLERIA XA7R-67XTのスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7R-67XT
価格Windows 10 / 194,980円(税込)
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードRadeon RX 6700 XT
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.3

>>GALLERIA XA7R-67XTを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7R-67XTのゲーミング性能

Radeon RX 6700 XT(GPU)

rx6700xtseinou

Radeon RX 6700 XTは、Navi 22を採用したグラフィックボードだ。7nmプロセスを採用していて省電力に優れている。ゲーミング性能的にはミドルエンドクラスでRTX 3060 Tiをも超えることがある。不安定さがあるため大きく劣ることもある。基本的にはWQHD環境をメインターゲットとしているモデルだ。

フルHD環境で高リフレッシュレートでのゲームプレイに対応できる。現在RTX 3060 Tiの供給不足が続いている中で期待が持てる。ただし、価格が高めなので見極めが大切だ。レイトレーシング性能についてはRTX 3060 Tiに大きく劣る。1世代前からレイトレーシングを投入したNVIDIAは優勢だ。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinou

Ryzen 7 3700Xは、第3世代Ryzenシリーズのハイクラスモデルだ。Zen 2アーキテクチャを採用していて1世代前のCPUということになる。後継モデルとなるRyzen 7 5800Xに比べるとCPU性能は劣るが、8コア16スレッドとスペックは高くオールラウンドに対応できる。Core i7-10700Kと同等のマルチスレッド性能を持つ。ゲーム実況・動画編集・画像編集などのクリエイター作業からブラウジングやオフィスソフトなど日常的な作業にも得意だ。

総合性能

GALLERIA XA7R-67XTseinou

GALLERIA XA7R-67XTはRX 6700 XTとRyzen 7 3700Xを組み合わせたモデルだ。RX 6700 XTは、ミドルエンドクラスのグラフィックボードだがゲーム性能は少しムラがある。第3世代のRyzen 7はRX 6700 XTとのバランスがよいとは言えない。ただ、ボトルネックが生じるほどでもないので性能さえ理解していれば問題のない程度である。

ハイクラスに近い性能であるため、FF14を4K解像度でプレイできる。このくらいの性能があれば、Apex LegendsやフォートナイトをフルHDなら144Hzで安定させられる。本格的なゲームプレイが可能な人気の性能帯である。AMD製のCPUとGPUの組み合わせなのでAMDファンからすると選びやすいモデルのはずだ。

>>GALLERIA XA7R-67XTを購入<<

GALLERIA XA7R-67XTの特徴&強み

現時点では価格設定に難のあるモデル

GALLERIA XA7R-67XTは、Radeon RX 6700 XT×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。価格設定が甘く評価はそれほど高くない。RX 6700 XTはRTX 3070を超える性能を持つという触れ込みで登場したGPUだ。しかし、蓋を開けてみるとRTX 3060 Tiと同等の性能で落ち着いた。それでいてRyzen 7 3700XとRTX 3070を組み合わせたモデルとの価格差がほとんどない。価格の高騰も相まって、性能の割に価格の高いモデルになってしまっている。

本来であればRTX 3060搭載モデルとRTX 3060 Ti搭載モデルの中間の価格で輝くモデルだ。それが上位モデルと同等になってしまっては厳しい。RX 6700 XTは最新のGPUの中でも人気が高い。この状況で人気が高まると需要に対して供給が追いつかず、価格は一気に跳ね上がる。GALLERIA XA7R-67XTの価格設定が崩れているのはそれが主な原因だろう。そしてRadeon製のGPUはNvidia製よりも供給が少なく不足しやすい傾向にある。

これらの要因から上位モデルに近い価格となったと考えられる。Ryzen 7 3700XとRTX 3070を搭載した「GALLERIA XA7R-R37」の価格は199,980円に下がった。しかし、GALLERIA XA7R-67XTのランキング入りと同時に209,980円に戻った。このことから、RX 6700 XT搭載モデルの価格設定には苦労しているようだ。

コストパフォーマンスは並でも、他に優れたモデルがある以上おすすめすることは難しい。決して悪いモデルではない。ただ、元々品薄状態のモデルにとって価格の高騰は影響を受けやすい。それが悪い方向に完璧に作用したのが今だ。ここからの変化は期待しにくいものの、価格が少しでも下がれば評価は高まる。そういった変化に期待しながら様子を見たい。

RTX 3060 Ti搭載モデルの代替になり得る

当該モデルは、各BTOメーカーで同等の性能を持つRTX 3060 Ti搭載モデルの在庫がなく購入が難しい状況を考えると救世主となる存在だ。価格を考えればあまりお得なモデルと言えないが、時期が時期だけに仕方がない。そのRTX 3060 Tiの代替モデルと考えれば悪くはない。もっとも、RTX 3070が市場に残っている状態でRTX 3060 Tiを目指すのは無理がある。

Radeon RX 6700 XT搭載モデルが輝くのRTX 3070が品薄になった時だろう。そうなってこそRadeon RX 6700 XTは真価を発揮する。それまでは強くおすすめはしにくいことに変わりはない。RTX 3060 TiもRTX 3070の存在により微妙なGPUだった。その後価格が少し安くなり周りからの見方が少し変わった経緯がある。

RTX 3070に近い性能で価格が安いという評価へ変わっていった。RX 6700 XTもそういったポジションに落ち着く可能性はある。今はまだ評価されていないが、今後は分からない。価格の高騰が長く続けばそれだけ浮き上がるチャンスがある。それはユーザーにとってよいこととは言えないが必ず訪れる事態だ。

そこまで行けばRTX 3060 TiどころかRTX 3070の代替製品となれる。最も人気のあるGPUの代替製品にまでなれば現行の主流GPUになる。RX 6700 XTは一気にフラグシップクラスになれるポテンシャルを秘めている。GALLERIA XA7R-67XTもGALLERIAシリーズを代表するモデルになるかもしれない。現時点ではまだ微妙でも、待つだけの価値はあるモデルだ。

>>GALLERIA XA7R-67XTを購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
画像GALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear
製品名XA7R-67XTTD-G
ケースミドルミニ
価格194,980円(税込)186,780円(税込)
CPURyzen 7 3700XCore i7-10700
GPURadeon RX 6700 XTRTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載2TB
電源750W GOLD700W GOLD
マザボB550B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Gだ。GALLERIA XA7R-67XTはメモリ規格、SSD容量、電源に優れている。SSD容量1TBは魅力的だ。対するG-Tune TD-Gは価格・CPU性能・GPU性能・HDDでリードしている。価格が8,000円安く、ゲーム性能の高いG-Tune TD-Gが評価の上ではおすすめしやすい。ただし、構成を重視するならGALLERIA XA7R-67XTも悪くない。

それでもゲーミングPCを選択するなら、ゲーム性能は高いに越したことはない。特にこの価格帯ならワンランク上の環境を目指したい。そういった意味では、G-Tune TD-Gだろうか。価格が下がればGALLERIA XA7R-67XTにもチャンスがある。RTX 3070搭載モデルと比較するとどうしても落ちる。GALLERIA XA7R-67XTは価格帯が違ってくればもっと評価されるはずだ。今はG-Tune TD-Gを強くおすすめしたい。

GALLERIA XA7R-67XTのPCケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-67XT)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7R-67XTは、Radeon RX 6700 XT×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。ミドルエンドクラスのモデルとして性能は十分だと言える。WQHD環境でのゲームプレイに対応できるポテンシャルを持つ。Ryzen 7 3700Xは旧世代のCPUだが価格が落ち着いているため購入しやすい。Radeon RX 6700 XTの価格がもう少し落ち着けばより魅力的なモデルとなるだろう。1万円でも価格が下がれば評価は変わる。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。SSD容量が多いのは強みだ。

価格CPUグラボ
194,980円(税込)Ryzen 7 3700XRX6700XT
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7R-67XTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya